行って来ました

24日~25日と上高地に行って来ました。
素晴らしい景色(とりあえず山のみ)
穂高連峰と河童橋
c0065744_2246575.jpg

大正池と焼岳
c0065744_22472167.jpg

[PR]

by riuko-2 | 2011-05-26 22:50 | 登山

2度目の日向山登山

昨日私としては2度目の日向山へ
天気もよく山登りとしては最高だったのでは・・・

3連休のせい? 紅葉狩りの時期? またまたJAFメイト に掲載された為?
大勢の人が登っていました。(県外の車が 京都 千葉 静岡 岐阜 長野 東京等・・・・

メンバーは六七会です。
2人は初めての日向山の雁が原の白い風景に感激 感激(良かったね)
c0065744_22862.jpg

c0065744_22101895.jpg
c0065744_22104128.jpg









八ヶ岳もクッキリ
c0065744_22145182.jpg
甲斐駒ケ岳も
c0065744_22133590.jpg






嬉しそうでしょう・・・ (笑)
c0065744_22163328.jpg

帰りに「尾白の湯」に寄り
露天風呂に入り、疲れを取って お疲れ様でした。
[PR]

by riuko-2 | 2008-11-03 22:20 | 登山

竜ヶ岳(1,485m) 山梨百名山

2月3日 天気はバッチリ 本栖湖キャンプ場より登山開始
ベンチがある休憩場までは(40分位)スベル スベルもうツルンツルンの山道でした。凍っています。冬山は初めてでしたし、やはりアイゼンが必要でした。旦那さんが何度か滑ってころびながらもゆっくり慎重に登りました。、本当に2~3度足元を踏みしめて(石橋をたたいて歩くより たたいて歩いた事はありませんが)慎重に
雪のある所を選んで、こちらの方が歩きやすく、ザック ザックの音に気分が良く。
c0065744_114058.jpg本栖湖を下に
c0065744_1151479.jpg






此処からは南側になるので、今度は泥道でしたが、これまた滑るのです。
しかしこんな富士山を後ろに、又は横に見ながら頂上を目指します。
暖冬なんですよね、富士山の山肌が見えますよ雪も少ないし。
c0065744_11124329.jpg

此処まで来ると風が強くなって来ました。途中に石仏と東屋の休憩所があります。
目指す山頂はこんな感じの山(今年は暖冬がハッキリ分かりますよね)低く見えますが・・・・
c0065744_11195730.jpg                                                           





 中に石仏が

山頂からは駿河湾が見えるはずきょうは残念。360度のパノラマです南アルプスの山々 八ヶ岳 金峰山 三つ峠 眼下西湖等が・・・・・

c0065744_1131474.jpgc0065744_11315880.jpg










c0065744_11235998.jpg

c0065744_11241423.jpg
c0065744_11395819.jpg

c0065744_11564477.jpg
c0065744_12102565.jpg
c0065744_12104139.jpg
c0065744_12105492.jpg


もう汗びっしょ 風邪を引かないように早く着替えたいし、早く露天風呂に入りたいと・・・
早々に下りました。
[PR]

by riuko-2 | 2007-02-05 12:28 | 登山

日向山(1,659.6m)ハイク

21日(土)白州町の日向山(ひなたやま)に登って来ました。
紅葉にはまだ少し早かったですが、こんな色彩の中歩いて来ました。
c0065744_1343385.jpg

矢立石登山口⇒(1時間30分)NHK気象情報でおなじみアメダス雨量計が設置されています。
c0065744_1349589.jpgc0065744_1349161.jpg













アメダス雨量計⇒(5分) 日向山山頂
c0065744_13524883.jpg


日向山の象徴=白砂と岩塔群がなる光景の舞台です。
花崗岩が風化した白砂 
c0065744_1401994.jpg
c0065744_1403050.jpg
c0065744_1405050.jpg
c0065744_141764.jpg
c0065744_1424023.jpg

鳳凰三山(昨年10月20日~21日で登った)の一つ地蔵ヶ岳のオベリスクのようでした。
残念ながら、その鳳凰三山や甲斐駒ケ岳はガスってしまい、はっきりみえませんでしたが・・・
雁が原⇒錦滝(50分)
c0065744_14173914.jpg
c0065744_14175588.jpg



そして そして凄いものに遭遇しましたよ。
c0065744_14201161.jpg

ニホンカモシカ
ジーとこちらを見ていまして、逃げようとはしません。すこしの間私達と平行して歩いていました。


最後に旦那の目当てのこれ
c0065744_14273497.jpg 少しの収穫 ブナハリタケとムラサキシメジ
[PR]

by riuko-2 | 2006-10-23 14:22 | 登山

源氏山から大峠山へ

昨日、来週に登山(仙丈ケ岳(3030m)予定の足慣らしで源氏山から大峠山に登って来ました。源氏山は2ヶ所登り口が有りますが、今回は丸山林道からです。
先日までの雨で登山入り口まで車では行けませんでした。
c0065744_1625638.jpg
ここから登山入り口まで歩きです。







登山道も草が蔽いこんなトゲのあるもので痛かったです。c0065744_168918.jpg











山頂も視界が無し、花と言っても珍しいものも無く本当に足慣らしの山だったかナ。
大峠山も同じです。

c0065744_16164992.jpgc0065744_16173691.jpg














花は
c0065744_23193310.jpgc0065744_23194674.jpg











c0065744_23195874.jpgc0065744_23201097.jpg











c0065744_23202292.jpgc0065744_23203619.jpg











c0065744_23204592.jpg
c0065744_23205690.jpg
[PR]

by riuko-2 | 2006-07-30 16:29 | 登山

御殿山~富士見山を登る

c0065744_7491953.jpg

今日は早川町の「紅葉・そば祭り」です。実家の早川町新倉の上にある茂倉と言う部落より十谷峠~御殿山(1669.9)~富士見山(1639.5)に登り、そばを食べて戻る予定でした。

am 6:00 自宅を出発52号線を早川町へ向かう山々の紅葉がきれいでしたので、富士見山の展望台からの眺めも、さぞかし素晴らしいものと確信していたのですが・・・ 残念。
ガスていて何~にも見えません。
c0065744_20493124.jpg












早々に下り、実家にam11:45着
久しぶりにお邪魔して、おご馳走になりました。息子夫婦も来て90歳の義母がこれ又久しぶりにひ孫と会うことが出来ました。

c0065744_2054133.jpg
早川新倉の紅葉
[PR]

by riuko-2 | 2005-11-13 07:49 | 登山

高尾山の紅葉

c0065744_123336.jpg

今日は八王子の高尾山に来ました。

平成6年と7年に「愛育会」の役員をしていた仲間と高尾山に登りました。紅葉がキレイだと言うことで今年は高尾山になったのですが、やはり早すぎました。山頂のこの場所だけがきれいな赤のいろはもみじでした。

天候も午後から雨になるし、昨日の土曜日だったら、色づきが少ないにしろもう少し紅葉狩りの気分を楽しめたかもね・・・? 
[PR]

by riuko-2 | 2005-11-06 12:33 | 登山

蛾ヶ岳山頂よりの富士山

c0065744_15494146.jpg
今日は周囲の山々がよく見ます。




いつもは天気に嫌われているのですが、今日は少し違いました。
富士山方面は竜ヶ岳・雨ヶ岳・毛無山等・・・また盆地越しに南アルプス・八ヶ岳・奥秩父が一望でき、眺望は抜群でした。



お花は
c0065744_15544357.jpgc0065744_15551716.jpg










[ジイソブ(ツルニンジン)]
前から見たらこんなお顔です。後ろの五角形、おもしろいですね。
なかなかしゃれたデザインの花です。
“ソブ”というのは、木曽地方の方言で“そばかす”の意味だそうです。
じいちゃんのそばかす・・・ってところでしょうか。ジイソブに対して“バアソブ”と言うのがあって、
これはばあちゃんのそばかす、じいちゃんに似ているけど、花が少し小さいので、バアソブと呼ばれるそうです。

c0065744_1624272.jpg

[タムラソウ]

トゲの無いアザミのようですが、キク科なんです。









c0065744_1634034.jpg
 [シモバシラ] 

・秋、枝の上部の葉のわきに
片側だけにズラッと白い花を咲かせる。

・冬になると、枯れた茎の根元に
霜柱のような氷の結晶ができるところから この名になった。




もう一つ,その名は[オケラ]
c0065744_16483541.jpg

・秋に山野などで咲く。
・白いヒゲのような頭花(ピンクもある)。
・古名は「うけら」で、しだいに「おけら」になったらしい。

・「おけら詣」(京都八坂神社)。
大晦日から元日にかけて、社前でおけらを 入れて篝火(かがりび)を焚く。
参詣人はその火を縄に移して消えないように振りながら持ち帰って、神棚や仏壇の燈明に点 じ、また元日の火種にもする。
おけらは”厄除け”の植物でもある。

・春、若芽が出てきたら、揚げ物などにして 食べるとおいしい。

・梅雨の時期、おけらの乾燥した根を室内で焚いて いぶし湿気やカビを防ぐのを「おけら焼く」 と 呼び、湿気の多い地方ではよく行われた。
[PR]

by riuko-2 | 2005-09-18 11:10 | 登山

蛾ヶ岳(1,279m)に登る

18日(日)は、留守していた間をブログに載せようと予定していたのに、やはり邪魔された。
何か台所でガサガサしていました。
「おにぎりを作ったから山にでも行ってみるか?」と邪魔相手がきました。
3日間置いてきぼりをしたから、断れないです。・・・
結局蛾ヶ岳(1,279m)に出かけました。

後ろから付いて行くのですが、横道に反れる事しばしば・・・キノコを探していました。
昔からの山男(生まれも山の中)山菜やキノコ採りの上手なこと感心します。
よく見分けられるね。枯れ葉の中どれがキノコか私は全然ダメです。

c0065744_10174759.jpg


旦那さんはキノコ探しに必死です。

結構な収穫でした。(新聞に載らないように毒見役もしっかりお願いしますよ)
[PR]

by riuko-2 | 2005-09-18 10:17 | 登山

車山~霧ヶ峰トレッキング

【車山山頂→夫婦岩→南の耳→北の耳→セブラ山→八島ヶ原湿原】のコースで約2時間40分位でした。

私は雨女・・・? 旦那が雨男か?  今にも雨が降り出しそうで、風が強くまた寒いときて、最悪でした。
標高1,925mの車山山頂からは360度に名ただる山々を見渡せるはずでしたが・・・残念 今回も視界ゼロの山歩きでした。

しかし今日のトレッキングは、旦那さんが「マツムシソウ」を見たいと言う事だったので、マツムシソウはキレイに咲いていました。この点では満足の様子でした。

[マツムシソウ]
c0065744_23481097.jpg
c0065744_23483090.jpg
強風で花びらが・・・
[PR]

by riuko-2 | 2005-08-21 23:55 | 登山